私を散歩に連れてって

momo 散歩に行くぞ

プロフィール

gobra

Author:gobra

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
TOP > 2011年05月

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退院して1週間   2011.05.22

報告が遅れてしまいましたが、退院して1週間が過ぎました。
実は、なかなか退院させてくれそうに無かったので、作戦開始してしまいました。

私:「今度の月曜日には、どうしても対応しなくてはいけない仕事があるので外出許可を下さい」と、土曜日に。
看護士さん:「はい、先生に伝えておきますね~」
先生(晩に):「月曜日の外出の件ですが、構いませんよ。でも、月曜日に外出するくらいだったら、日曜日に退院しても良いですよ」
勝利!
平日は早朝から晩まで、土日も出勤の先生が私の退院のタイミングを最短で考えてくれる余裕がある訳がありませんよね。
先生、本当にお疲れ様です。頭が下がります。
おかげ様で、毎日仕事に追われるありがた味を感じています。







110522-01s-.jpg
さて画像ですが、病棟から名古屋港方面を写したものです。
奥のほうから、工事中の名古屋高速道路、病院の駐車場、病院の屋上庭園です。
駐車場周りにはツツジが植わっていて、一番良い時期でしたよ。
屋上庭園には、画像には映っていないものもありますが、シンボルツリーの白い花のエゴノキ、花の終わったシャガ、花付きの悪いローズマリー、元気満々のマツバギクなどが植わっていました。
ゴムチップの園路沿いにはベンチも設置されていて、リハビリ中の方々が運動されては休憩されていました。
そんな中で、馴染みの酒屋の親父さんを見つけて世間話なども…
リハビリ中の方々の笑顔は、本当は辛いのだろうけどなんとも前向きで頼もしい笑顔でしたよ。
屋上だけではなく、病棟の外にも芝生広場や休憩施設のある、お勧めの病院です。







110522-02s-.jpg
ちなみに、東側は大規模工場で空気は良くありませんけどね。
でも、ここは労災病院ですから~!






110522-03s-.jpg
緑化だけでなく、院内には沢山のアートがあります。
有名な版画家の作品も沢山ありますよ。
病棟の通路沿いにもさりげなく展示してあるのです。
私的にはアニマルセラピーがあったら申し分ないのですが、自宅も見える病院なので○○の時はここでお世話になりたいです。
○○の時までは、あれこれ経験者として私に出来ることがあったら何かしないといけないのかもしれませんね。
う~ん、その事に対応できたら来世は痛みの無い人生を迎えることが出来るのかもしれん。

いや、こんな文章を書きながら既に酔っ払っているのだから無理だわ!
先ずは禁酒だな。
だから無理なんだってば。と









スポンサーサイト

退院まだ~?   2011.05.14


入院計画書の退院予定日から今日で3日目。
好い加減呆けそうだ。
切り取った胆嚢に、偶然見つかったポリープが良性か悪性かもまだ分からないし。
わし、せっかちなのだろうか。

暇なので病棟をウロウロしたり、相部屋で隣人を観察したり。

先ずは嫌な観察から。

斜向かいのおじさんは、食後にお茶で思いっきりグチュグチュして、勢い良くゴックンを繰り返す。
こっちが食事を終えていない時にこれをやられたら、ただでさえ不味い食事が超不味くなってしまう。オエッ
でもってこのおじさん、起床時間が6時なのに5時前に起きてシャッと思いっきりカーテンを開けて、部屋のトイレのアコーディオンドアを躊躇せずガタガタと開けて、用を済ましてジャバーっと流す。
それから新聞を読んでまた寝てる。それが普段からの習慣なんだろうな、きっと。

やはり笑える観察にしよう。

面白かった観察①:エレベーターホールにて
お婆さんA:あれっ、さっきの人は、ご近所の人だけど、どこかお悪いのかしら。
お婆さんB:お父さんが悪いらしいよ。
わし:お父さんが原因で病気になったのかと一瞬思ったけど、どうもお父さんも病気だと言う事らしい。

面白かった観察②:エレベーターの中で
上りのエレベーターの途中階でドアが開いた
エレベーター内左側の若い女性:開くボタンを押す
エレベーター内右側のお婆さん:閉じボタンを押しながら、上に行きますよ~とにっこり
わしと若い女性:○×▲◇

面白かった観察③:相部屋で
斜向かいのA爺さんは歩けないうえに頻尿なので、10~15分に1回はナースコールで看護師を呼びつけます。
また、看護師だけで無くたまたま部屋に入って来た掃除や配膳の人を捕まえては、ベッドを起こしてとかテレビのカードの残り時間を聞いたりしています。
朝の出来事です。
謎の人:Aさ~ん、具合はいかがですか~。と言いながら部屋に入ってくる。
A爺さん:ちょっとそこの、尿瓶(しびん)を取ってくれ。
謎の人:し、尿瓶?
するとタイミング良く看護師さんがやって来ました。
A爺さん:(看護師に向かって)おう、尿瓶を取ってくれ。
謎の人:し、尿瓶(と言いながら部屋を出て行く)
A爺さん:さっきの人は誰だ?
看護師:えっ、先生だよ。Aさんの主治医の先生だよ。忘れたの?
A爺さん:…忘れた
看護師:…
その後、謎の人は帰って来ませんでした。

面白かった観察④:上記のA爺さんが不在の時の話
見舞の人B:TVカードの残り時間ってどれだけあるの?(とカードの残り時間を見ながら質問)
ちなみに、残り時間は4桁のデジタル数字(間に「:」が無い)で、最初の2桁の下に「時間」、次の2桁の下に「分」と書いてあり、1450と表示されていた模様。
見舞の人C:1450時間じゃないかな
見舞の人B:へ~、このカードって、最初は何時間なんだろうか?
見舞の人C:1500時間かな~。
わし:1000円のカードで24時間通しで65.2日分も見れるかアホ。それにそんなに長く入院する人は滅多にいないぞ。BもCもな~んも考えないで軽く流して会話してるな。

チャンチャン!





«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。